アジアの消費者パネル「ASIA Cloud Panel」が韓国で2社目となる提携を実現
~韓国内最大級、19万人以上へのインターネット調査が可能に~

 GMOインターネットグループのGMOリサーチ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役: 細川 慎一 以下、GMOリサーチ)が運営するアジアの消費者パネル(*1) 「ASIA(アジア) Cloud(クラウド) Panel(パネル)」(*2) は、Market Link社 (本社:韓国・ソウル)との間に、韓国において2社目となる提携を実現し、同国内で最大級となる19万人以上の会員への調査が可能になりました。この「韓国クラウドパネル」では、「自動車保有者」「化粧品」「家電製品」「ビジネスパーソン」「キッズ(子供を持つ親)」など、消費に関わる40項目以上の幅広い属性からターゲティングが可能です。

*1:パネルとは、モニターの集合体。モニターとは、アンケート協力の承諾を得ている会員一人ひとりのこと。
*2:「ASIA Cloud Panel」 は、インターネット調査サービス「GMO リサーチ・クラウド・パネル」における、アジア地域に特化した消費者パネルの総称

図1

【 「ASIA Cloud Panel」の特徴】
●特徴1: モニターの偏りを最小限に抑え、精度の高い調査が可能
 「ASIA Cloud Panel」では、複数サイトの消費者パネルから、調査内容に適した属性のモニターを検索・抽出することができます。1サイトからの消費者パネルでは、サイトの特長によってモニターの基本属性や趣向、行動が偏ってしまうことがありましたが、複数パネルからアンケート対象者を検索・抽出することで、偏りを最小限に抑えた調査ができ、精度の高い調査データを得ることができます。

●特徴2: モニターの最新属性を保持
 GMOリサーチでは、調査依頼主からの高い要求に対応するべく、厳格な品質管理体制のもとで消費者パネルを管理・運営しています。 モニターに対する定期的な属性調査の実施により、性別や年齢、居住地域などの基本的な属性から、職業や業種、嗜好品の利用状況、所有家電製品に至るまで、詳細かつ最新の属性情報を保持しています。これにより、お客様が求める属性の会員へのピンポイントな調査が可能になり、調査にかかる時間やコストの大幅な削減が見込めます。

●特徴3: アンケート回収数の予測が精細に可能
 モニター一人ひとりの過去の回答実績を管理・分析しているため、精度の高いアンケート回収数を事前に予測することができます。

【「GMO Market(マーケット) Observer(オブザーバー)」で簡単にアジアのインターネット調査が可能に】
 「ASIA Cloud Panel」の消費者パネルを利用したインターネット調査は、2014年5月23日にGMOリサーチが提供開始したDIY型(セルフ型)リサーチシステム「GMO Market Observer」から実施できます。「ASIA Cloud Panel」を会員リストとして活用できるだけでなく、アンケートの配信や、回収・集計といったインターネット調査に関する一連の作業を、「GMO Market Observer」の同一インターフェース上で簡単に操作・実行することが可能です。

MO×CP
【 参考URL 】
「ASIA Cloud panel」 URL:http://www.gmo-research.jp/acp
「GMO Market Observer」 URL:http://www.gmo-research.jp/rsp

【営業に関するお問い合わせ先】
●GMOリサーチ株式会社 コンサルティング営業部 担当 小林
TEL:03-5459-5565(代表) 

【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOリサーチ株式会社 サービスプロデュース本部 担当 ニコラス
TEL:03-5459-5565(代表) 
E-mail:info@gmo-research.jp

【報道関係お問い合わせ先】
●GMOリサーチ株式会社 サービス・プロデュース本部 担当 白鳥
TEL:03-5459-5565(代表) 
E-mail:pr@gmo-research.jp

PDFはこちら
top
個人情報保護方針 ソーシャルメディアポリシー