「男性の身体の悩みに関するオンラインコミュニティ調査(MROC)」を実施(2013年2月5日)

 GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長 細川 慎一 以下、GMOリサーチ)は、GMOリサーチが保有するモニターを対象に「男性の身体の悩みに関するオンラインコミュニティ調査(MROC)」を実施いたしました。
 オンラインコミュニティ調査(MROC)とは、インターネット上のコミュニティを調査対象とし、特定のテーマに基づいた消費者モニター間で交わされる自然な声から、日常の様子や本音をうかがう調査手法です。近年、米国において企業の新サービス開発と言った場面で役立てられています。

●調査テーマ:男性の身体の悩み
●調査対象:35〜49歳の男性 28名
●調査期間:2012年11月13日〜2012年11月23日
●調査方法:オンラインコミュニティ調査(MROC)
●調査国:日本

【まとめ】
■普段抱えている悩みは、体力の低下をはじめ「身体」に関すること(参考資料:表1)
・「駅の階段を少し急いで駆け上がるだけで息切れがしてしまう」「ちょっとサッカーをすると、体中がギシギシいっている気がする」といった体力の低下と、それに伴って疲れやすくなったり、疲れがとれにくくなったりしていることに悩んでいる人が多いことが調査結果から判った。
・続いて、太りやすくなったという体型の悩みが多く、その他に、臭いや乱視、老眼、抜け毛、白髪が増えたなどの身体の悩みに関するコメントが挙げられた。
■「脱毛・薄毛」に様々な対策 (参考資料:表2)
・普段から抱えている悩みに挙げられていた「抜け毛」「白髪」といった、頭髪の悩みについてのトピックスを立てたところ、それぞれ抱えている悩みに対して何かしら対策を考え、取り組む様子がうかがえた。
・抜け毛の増加や、髪の毛が細くなったことに対しては、石鹸シャンプーや医師から勧められたシャンプーを使用したり、医師に相談して情報収集したり、またサプリメントや処方薬を服用するといった、自分なりの対策を行っている。 その一方で、「髪そのものの手入れも正直わかっていないので、自分がやっている散髪やシャンプーが本当に良いのか知りたい」とコメントした参加者もおり、知識・情報量にばらつきがあることがうかがえる。
・白髪の悩みについては、悩んではいるものの、抜け毛ほど対策に取り組む様子は見受けられなかった。
■体型で一番の悩みは「お腹」。食事制限や運動に取り組んでいる (参考資料:表3)
・普段から抱えている悩みに挙げられていた体型の悩みについてトピックスを立てたところ、「お腹まわりのお肉」や「内臓脂肪」、また加齢とともに筋肉量が減少していくことに悩んでいる様子がうかがえる。
・呼吸法を取り入れたエクササイズやジョギング、ウォーキング、食事制限、筋トレ・有酸素運動のセットなど、それぞれが自分に適した方法で体型維持や痩身に努めていることが判った。
■気になる匂いは「加齢臭」「口臭」(参考資料:表4)
・普段から抱えている悩みに挙げられていた「臭い」についてのトピックスを立てたところ、「加齢臭」について、「自分でもわかるくらいに臭くなった」「枕から加齢臭がすると落ち込む」といった、加齢臭に悩むコメントが目立った。
・香水や制汗スプレーを使ったり、食事や清潔に気を使ったり、中には脇毛を剃るなど、それぞれが体臭を意識して普段からケアをしていることがわかった。
・「加齢臭」に次いで「口臭」を気にする人が多く、ガムやブレスケアの使用、歯磨きの頻度を増やすなどにより、対策を講じられている。

【総論】
 今回の調査結果から、30代後半から40代の調査コミュニティ参加者は身体の悩みとして、「脱毛・薄毛」「頭髪」「臭い」など変化だけではなく、体力や体型において20代のときの自分と比べると身体全体に明らかな低下がみられ、衰えを実感している方が多いことが明らかとなりました。それと同時に、ほとんどの人がジョギングやウォーキング、食事制限、サプリメントなど、手軽に取り入れることのできる対策を限られた時間の中で実践していますが、目的としては若々しく見られたいというよりも、現状維持のための予防としての意味合いが強いことがうかがえます。抱えている悩みの原因を理解した上で、きちんとした対策を取りたいと考え、コミュニティ参加者間で参考になる情報は積極的に取り入れたいという強い意欲が感じられました。
 年齢を重ねたことで身体の悩みに対する意識が変化し、かつては異性から「モテる」かどうかを重要視していたのに対し、現在は、周りの人に不快感を与えないことの方を重要視する傾向にあります。年齢による身体の変化というだけでなく、「仕事」という場面で人に見られる立場になったことで、見栄えよりも、周りからどのような印象を持たれるかを強く意識するようになったことも要因の一つではないかとGMOリサーチは考えます。

詳細はこちら(PDF)
top
個人情報保護方針 ソーシャルメディアポリシー