コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本方針

当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、経営の透明性を高め、実効性のあるコンプライアンス体制を構築し、ゴーイングコンサーンを前提とした企業価値の最大化を目指すというものです。
なお、当社の主要株主であるGMOインターネット株式会社は当社の親会社に該当しており、当社は、支配株主との取引等を行う際における少数株主の保護の方策に関する指針として、支配株主等との取引条件等におきましては、「GMOグループ間取引管理規程」に基づき、他の会社と取引を行う場合と同様に契約条件や市場価格を見ながら合理的に決定し、その可否、条件等につき少数株主の権利を不当に害することのないよう十分に検討した上で取引を実施する方針としています。

コーポレート・ガバナンス体制の概要

取締役会は、社外取締役2名を含む取締役6名で構成されており、毎月の定例取締役会のほか、必要に応じて臨時取締役会を開催しています。取締役会では、経営上の意思決定機関として、取締役会規程に基づき重要事項を決議し、取締役の業務執行状況を監督しています。社外取締役は、社外の第三者の視点で取締役会への助言及び監視を行っています。
また、当社は、監査役制度を採用して、監査役会は社内監査役1名(常勤監査役)及び社外監査役2名の計3名で構成されており、うち1名は常勤監査役です。監査役は、取締役会に出席し、必要に応じて意見を述べるほか、取締役の職務執行を監査しています。

コーポレート・ガバナンス体制図

top
個人情報保護方針 ソーシャルメディアポリシー