テクノロジー×リサーチ

アンケートやインタビューといった伝統的な調査手法はリサーチャーが想定した範囲内でしか調査設計ができず、特にアスキング(質問)を中心とした調査手法は、必然的にリサーチャーの想定範囲を超えるインサイトを引き出すことは難しいとされてきました。これに対して「調査票のいらない調査」とは、これまでのようなアスキングを行わずに消費者の無意識下に沈殿している意識や概念構造を明らかにする調査・分析手法です。

伝統的調査手法

【テクノロジー×リサーチ】
我々GMOリサーチ(マーケットインテリジェンス事業本部)はこれまで最先端の技術を応用したマーケティングリサーチソリューションを提供してまいりました。このような手法は、まさに「調査票のいらない調査」そのものです。予め調査票を用意せず、消費者の購買時の行動や反応(視線、感情、関心度)の測定、あるいは商品・ブランドに対する漠然とした想起を最新のテクノロジーによって、ありのままに可視化することで、消費者意識や購買行動行動の理解をさらに深めることができます。

新着情報一覧

個人情報保護方針 ソーシャルメディアポリシー